便秘を治すには水分不足を解消しましょう

頑固な便秘になってしまった時に、慌てて食物繊維を沢山摂ろうとして、サツマイモ、バナナ、ヨーグルトなど身近な食材を立て続けに食べることは誰もがあるでしょう。

 

しかし、頑固な便秘になってしまった場合には、その時になって食品で改善させたいと思っても思うように行かないことも多々あります。

 

腸で固くなってしまった便が滞っている上に、何とか食べ物で排便を促そうと思ってもお腹が張るだけで解消できません。
そればかりではなく、無理をして便秘改善のために食べていると胃腸までさらに傷めてしまいます。

 

そのような場合には、食べ物と一緒にできるだけ水分も補給しましょう。
固くなった便を水分で柔らかくさせるためにも、欠かせないのが水分です。
たとえ、食物繊維の多いものを沢山取ったとしても、水分不足になっている場合には、それが逆に腸の中で詰まってしまうことがあります。
焦るあまりに食物繊維を食べたことが、逆効果になればさらに便秘の苦しさに悩まされるので本末転倒です。

 

そのためには、水分量を意識して出来るだけ飲むように工夫をしてみましょう。
飲み物だけではなく、普段の食事の時にも、汁物やスープを摂ることを習慣的に行えば水分不足を補えるようになります。

 

特に、高齢者の方は行動範囲も制限されることもあり運動不足から便秘になりがちですし、排尿の回数が多くなるのも負担が高くなるので水分を控えめになりますが、これによって便秘を招きやすくなります。

夏場の水分補給はもちろんですが、暖房環境が優れている冬場も便秘解消のためにも水分をしっかりと補給して便秘解消に役立てて下さい。